ニキビあと

ビバリーグレン、ビーグレン製品の公式サイト 医療レベルの浸透技術を応用した化粧品。b.glen

ニキビ肌の改善

ニキビ肌を改善するためには清潔な状態を保ち、肌のターンオーバーを正常な状態に回復させて、バリア機能を高める必要があります。その手段が洗顔と保湿ケアによるスキンケアになるわけです。この二つのスキンケアをしっかりできていれば、ニキビ肌は改善されます。問題があるとしたら、スキンケアをやりすぎてしまうことです。



汗をかいたり、脂でテカテカになると不潔に思えてニキビにも悪いからと洗顔していませんか?
この行動はニキビ肌改善に対して逆効果になっていると言えます。

洗顔をやりすぎると肌に必要な皮脂や角質が流れてしまいます。その結果、肌から水分の蒸発を防ぐために体は皮脂を過剰に分泌するようになります。それによって余分な皮脂が毛穴に詰まり、ニキビができてしまうわけです。また、皮脂が増えるということはそれを餌としてるニキビダニの繁殖にも繋がってしまいます。つまり、洗顔をすればするほど悪化してしまうというわけですね。

なので、ニキビ肌を改善したければ洗顔は朝と夜の二回に抑えるようにしましょう。朝はぬるま湯だけで洗顔、夜は洗浄力の低い洗顔料とぬるま湯での洗顔をすると良いです。



ぬるま湯で洗う理由はと言うと、高温の水で顔を洗えば汚れも落ちますが、それと同時に皮脂や角質も必要以上に剥がれます。食器を洗う時などは高温のほうが油汚れとかも落ちますよね?それと同じです。しかし、人の肌から汚れを落とす場合は35度くらいのぬるま湯で十分落とせます。それに皮脂なども無駄に流してしまうことを防げます。

そして、できるだけ洗顔料の使用を避けることをオススメします。
洗顔料によっては洗浄力が高すぎて必要以上に皮脂を落とすものもあれば、刺激になるスクランブルが含まれてるものもあります。また、多くの物に界面活性剤が含まれています。これは水分と脂を結合させて皮脂や角質を必要以上に剥がすので肌への負担が増えてしまいます。



保湿ケアで言えば洗顔後に必ず行い、乾燥が酷い場合は小まめに保湿してあげましょう。

一度に大量の化粧水を使って保湿をするよりは、乾燥するたびに小まめに保湿してあげるほうが効果があります。逆にベタベタするくらい塗ってしまうと汚れが肌に着きやすくなるので不衛生になりやすいです。ただ、早く治したいと思ってる人ほどこういったミスを犯しがちです。

塗り薬も同様で患部にポイントで少量塗るようにしましょう。物足りなく感じるかもしれませんが、必要以上に塗っても意味が無いうえに、汚れやすくなるだけです。


 

ファンデーションがニキビ肌を悪化!?


ニキビを少しでも隠したいためにファンデーションを厚く塗ったり、カバー力重視で使ってる人もいるかと思います。しかし、肌さえ綺麗になってしまえばそういった物に頼る必要はありませんよね?

なので、肌の改善を意識してニキビを悪化させない低刺激であり、カバー力の高いファンデーションを選んだほうが良いでしょう。また、油分が少ないもの、パウダータイプの物のほうが悪化はしにくいです。リキッドタイプは油分が多いのでニキビの悪化に繋がる可能性があります。

ファンデーションは一時的にニキビを隠すことができます。

しかし、肌のバリア機能を高めてニキビのできやすい肌環境さえ整えてしまえば、その他の肌トラブルも起こりにくくなるために綺麗な肌になります。なので、一番良いのはスキンケアをしっかり行って根本的な改善を行っていくことでしょう。


 

 

 

 

 

 

SEO対策テンプレート

管理人紹介


このサイトの管理人のひなたです!



過去、肌のことで散々悩まされました。

そんな私が知った知識を今、悩まされてる人に
紹介することで症状の改善に活かせてもらえればと思います!

ニキビケア

 

© 2018 ニキビケア rss