ニキビケア(本製品)

【ビーグレン】浸透保湿ケア

ニキビに効く市販の化粧水

スキンケアをする時にニキビに効果があるとされる化粧水を使いたいという考えはわかります。

しかし、結論的に言ってしまえば市販で売ってる安い化粧水などを使っても保湿ケアさえ続けていれば、肌のターンオーバーが正常な状態に戻ってくるために肌のバリア機能が回復します。それにより、肌トラブルに強い肌環境が整えられてニキビができにくくなります。


つまり大事なのは保湿ケアを続けて行うことです。


しかし、理想を言えばやはり高い効果が期待できる成分が含まれたものを使いたいものです。

肌あれに高い効果があるビタミンC誘導体や肌内部に水分を貯えるのに活躍してくれるセラミド、ヒアルロン酸といった成分が含まれたものを使うとより高い効果が期待できます。

そして、そういった有効な成分が含まれていたとしても、必要な成分が必要な場所に浸透してくれるケアグッズでないと意味がありません。なので、浸透力の高い化粧水を使いたいものです。そこでオススメなのがビーグレンです。


【ビーグレン】浸透保湿ケア


独自テクノロジーにより必要な成分をしっかり必要な箇所に届けてくれるケアグッズです。

肌環境が整うまではこちらを使い、肌トラブルができにくい環境になったら市販の化粧水などに変更していくと良いかと思います。もちろん、気に入ればそのまま使い続けるのもありですね。

 

思春期ニキビと化粧水

思春期の頃にできるニキビはアクネ菌や成長ホルモンの影響で皮脂が過剰分泌されて毛穴が詰まることが原因になります。そのために洗顔をして顔を清潔な状態に保つように意識していれば改善されますが、化粧水などで保湿をしてあげるとなお良いかと。


なぜ化粧水で保湿すると良いのかと言えば、保湿してあげることで肌の乾燥を防ぐことができます。肌が乾燥していなければ、肌を守るための皮脂の分泌量も最低限で済むのです。そのため、皮脂の過剰分泌を抑えることができ、毛穴が詰まること事態が減るためにニキビも減ってきます。

とは言え、皮脂が多く分泌される時期なのは変わり無いので、洗顔を重視したケアを意識したほうが改善しやすいかと思います。この時に重要なのが正しい洗顔をすることです。そこを間違えると返って症状が悪化するので注意しましょう。



正しい洗顔方法は

・朝と夜に洗顔(朝はぬるま湯のみでOK。夜はニキビ用洗顔料を使うと良い)
・ゴシゴシ擦ったり、一日に何度も洗わない
・高温のお湯での洗顔は基本的にNG
・スクランブルなどの刺激が入った洗顔料は避ける


高温のお湯で洗顔したり何度も顔を洗うと肌に必要な皮脂が洗い流されてしまいます。
すると、肌が乾燥することを防ぐために
より多くの皮脂を分泌しようとします。そうなると余分な皮脂が毛穴に詰まりニキビが発生してしまうのです。

最初は物足りないと思うかもしれませんが、これらを守って洗顔をすると早い改善に期待できます。洗顔後はサッパリした化粧水などで少し保湿してあげると、なお良いかと。


 

ニキビと敏感肌におすすめの化粧水の使い方

敏感肌の人の場合、自分の肌に合った化粧水などを探す必要がありますよね。
そもそも、この敏感肌とは肌の水分不足によりバリア機能が低下した状態の肌を言います。
そのため、敏感肌とニキビを併発してる人も多いかと思います。


私もかつて同じような状態だったために、刺激が強いと痒みが発症して赤くなったりしてました。

しかし、正しい洗顔をしたうえで保湿ケアを怠らず継続していると半年くらいでかなり改善され、全体的にニキビの量が減り、刺激に対する弱さも改善されました。そして、さらに続けることで今では敏感肌やニキビとは無縁な肌環境を手に入れることができました。


なので、まずは刺激の少ないスキンケアグッズを使い、肌環境を改善してあげることを目指しましょう。十分な保湿がされて肌環境が改善されてくると敏感肌とニキビも改善されてくるはずです。

そこまで来たら後はそのまま継続してケアしていくと、それらの肌トラブルで悩まされる未来は無くなるでしょう。


 

SEO対策テンプレート

管理人紹介


このサイトの管理人のひなたです!



過去、肌のことで散々悩まされました。

そんな私が知った知識を今、悩まされてる人に
紹介することで症状の改善に活かせてもらえればと思います!

ニキビケア

 

© 2018 ニキビケア rss