NOV:お得な7日分トライアルセット

ニキビに効く皮膚科の薬

皮膚科で処方される薬には、炎症を沈静化させたり、アクネ菌やダニの繁殖を抑えるといったもの、ホルモンバランスの乱れを整え、皮脂の過剰分泌を抑えるといったもの。他には皮膚組織の回復を早めるといったものがあります。

これらには抗生物質やビタミン剤、ホルモン剤などが含まれているために、市販の薬では得られない効果も期待できるわけです。ただし、高い効果があるだけに副作用が伴なう薬もあります。そのために医師の判断のもと、皮膚科などで処方されるということですね。

逆を言えば、市販薬の場合は処方される薬よりも副作用のリスクが低いということになります。

こういったことから軽度の症状の場合は市販の薬を使ったほうが良いかと。
症状が酷い場合は迷わず皮膚科で相談して薬を処方してもらうと良いですね。

 

皮膚科に通ってもニキビが治らない


皮膚科に行って、薬さえ貰っていれば症状が改善するといった認識は間違いです。

どちらかと言えば、皮膚科で処方される塗り薬はあくまでも症状を抑える役割だと考えておき、自分自身のスキンケアで肌のバリア機能を高めて、ニキビのできにくい肌環境を整えると意識していくほうが良いでしょう。

確かに処方される薬にはアクネ菌やダニの繁殖を抑えて、炎症を沈静化ししてくれるものがあります。しかし、これらの効果を得るには薬に頼る必要がありますよね?それは根本的な解決とは言えません。

た、薬によっては長期的に使うことで体側に耐性ができてしまい、当初よりも得られる効果が無くなっていくものもあります。そういったことから短期間で症状をできるだけ抑えて、その間にスキンケアによってニキビが発生しにくい肌環境を整えてあげるというのが一番良いかと。



肌環境を整えるためには、肌のバリア機能を回復させていく必要があります。

方法としては洗顔により肌の清潔を保つことと、その後に必ず保湿ケアを行ってあげることです。
乾燥してる状態は刺激に弱いので様々な肌トラブルが起こりやすいです。さらに、正常な肌を育てることが難しくなるために、肌のターンオーバーも乱れやすくなってしまいます。なので、保湿をして肌のターンオーバーを整えてあげましょう。

肌のターンオーバーが正常になり、健康な肌が育つようになると肌のバリア機能が回復していき、肌も綺麗になっていくでしょう。すると、ニキビといった肌トラブルができにくい肌環境ができあがるわけです。

 

ニキビ跡によっては皮膚科で

皮膚科でのニキビ跡治療法の中、で薬以外だと以下のような方法があります。

 

・ケミカルピーリング
・レーザー治療
・フォトフェイシャル
・イオン導入
・FGF治療
・皮膚移植
・ヒアルロン酸、コラーゲン注入

 

酷いクレーター状になってしまうと、薬での治療はあまり効果的ではありません。

そこで、酷い凸凹のクレーター状になったニキビ跡に対して有効だとされる治療法がこれらになります。
少しでも早く綺麗な肌に戻りたい!と思うのであれば、
皮膚科に相談しに行って治療を受けることをオススメします。

料金の相場はやや高めになります。

 

ピーリング・・・5000円から10000円前後
レーザー治療・・・顔全体だと20000円から250000円
フォトフェイシャル・・・20000円から40000円
イオン導入・・・1回5000円前後
FGF治療・・・一箇所に付き40000円
皮膚移植・・・350000円から

 

あくまでも、これらは参考料金です。
しかし、だいたいこのくらいかかるという指標にはなるかと。

また、何度か行う必要があるものも多いのでもう少し料金がかかると考えておいたほうが良いでしょう。

 

SEO対策テンプレート

管理人紹介


このサイトの管理人のひなたです!



過去、肌のことで散々悩まされました。

そんな私が知った知識を今、悩まされてる人に
紹介することで症状の改善に活かせてもらえればと思います!

ニキビケア

 

© 2018 ニキビケア rss